PREVENTIVE予防歯科

H1タイトルにほんご

SCROLL

キャッチ

予防歯科について

予防歯科では、虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、それらの病気を予防するための治療を行います。病気になってから治療をしたとしても、失ってしまった歯や歯ぐきは元には戻りません。 だからこそ、しっかり予防していくことが大切なのです。

当院の検査内容

定期健診でわかること

健診を定期的に行うことで疾病の早期発見・早期治療はもちろん、予防方法や前回・前々回・数年前との比較を行うことができるので、断片的でなく長期的な状態把握・管理が可能になります。
いつまでも状態の良いお口の中の環境を維持できるよう、定期的な健診をお勧めいたします。

気になるところやお困りのことなどございましたらいつでもお尋ねください。

当院で行う
2つの予防方法

1、PMTC

サンプルイメージ

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、訳すと「専門家による機械を使った歯の清掃」という意味になります。様々な専用機器を使用して、虫歯や歯周病の最大の原因である「バイオフィルム(歯の表面についた細菌のかたまり)」や歯垢・歯石を除去していきます。あくまで歯のクリーニングなので、ドリルなどで歯を削ることはありません。

普段の歯磨きでは除去できない汚れが取れますので、爽快感を味わうことができます。バイオフィルムは約3ヶ月で再生されると言われていますので、定期的なPMTCをお勧めしています。

2、フッ素塗布

サンプルイメージ

医院で歯に高濃度のフッ素を塗布します。フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、虫歯になりにくい歯を育てていきます。
十分な効果を得るためには、年に3~4回のフッ素塗布を行うことが理想です。

フッ素の3つの効果