ENDO根管治療

H1タイトルにほんご

SCROLL

キャッチ

根管治療について

根管治療とは

根管治療(根っこの治療)とは、虫歯が神経まで到達してしまった場合に、 神経の通る管(根管)の神経を取り除いて、根っこをキレイする治療の事です。 歯根治療とも呼ばれます。

虫歯を放置すると、やがて細菌が出す毒素や細菌自体が 歯の内部にある歯の神経(歯髄)まで到達し、いわゆる虫歯の激痛を引き起こします。 また症状がさらに進みますと、歯に触れただけで痛んだり、腫れを伴うこととなります。

根管治療の必要性

根管治療とは、歯の神経が入っていた空間である歯髄腔をきれいにして細菌が入り込まないように薬で密閉することです。歯髄腔は神経が死んでしまうと細菌が繁殖し、根の先から細菌や毒素が顎の骨の中に広がっていきます。
この細菌によって副鼻腔炎や骨髄炎などの大きな病気になることもあります。

この細菌は自然に治ることがないため、根管治療をして機械的に細菌を取り除き、新たに細菌が入らないように薬を緊密に詰める必要性があります。

根管治療をすることで神経が死んでしまった歯でも長く使うことが可能になります。

状態に合わせた治療法

抜髄の場合

・・・神経を取る治療が必要な場合です。

神経の強い痛みを感じている中で行われることもある処置です。歯医者さんが嫌われる1番の処置かもしれません。痛みが強いときは麻酔の効果も弱くなりやすいため、まずは強い痛みの場合、当院では応急処置での鎮静、鎮痛処置を行います。
次回来院時に痛みがひいた状態で処置をおこなうことで、処置後の痛みも減らすことができます。神経を取った後は神経が入っていたお部屋(歯髄腔)をきれいにして、再び細菌感染が起きないように薬を詰め、歯の被せものを作ります。

感染根管治療の場合

・・・既に神経がいない状態の歯の治療になります。

歯の神経がないということは免疫がないため、細菌に侵入されると根管外で細菌が膿をためます。以前神経を取った歯が噛んだ時に痛む、歯の付け根が腫れて痛い、など自覚症状がでることもありますし、定期健診などで見つかることもあります。

治療方法は「抜髄」と同じような方法ですが、感染根管治療の場合、昔のかぶせものを外したら根が折れていた、虫歯を取ると根が残らない、など、抜歯になってしまう場合もあります。また、根の中が虫歯で侵されているため治療期間も長くなる場合があります。

きれいに治れば再感染のリスクは下がるので、治療完了してからも定期的なチェックが必要です。

根管治療で治せないケース

歯の根っこの先に
膿が溜まってしまっている歯

溜まっている膿が軽度であれば、再度神経を綺麗に消毒していき膿を出すという処置をすれば改善できるので、抜歯には至りません。

しかし、膿が重度で多く溜まってしまっている場合は、 周りの骨をも溶かしてしまうことになるので、 そうならないように抜歯することになります。

歯の根っこが割れている歯

歯の噛み合わせが強すぎたり、歯並びの問題で一部の歯だけに強すぎる負荷がかかる噛み合わせになる人がいます。そのような人は、ぐっと食いしばった拍子に、歯の根っこに負担がかかりすぎて、歯の根っこが割れてしまうことがあります。

歯の根っこが割れているので、もちろん痛みを伴います。折れてしまった根っこをくっつけることは出来ませんので抜歯することになります。
もし、放置していると細菌感染が骨にまで広がってしまいます。

根管治療後の痛みについて

根管治療の後に歯に物が当たると痛かったり、噛むと痛かったりすることがあります。 歯の根の周りには噛んだ時に硬い物や軟らかいものを判断する歯根膜という薄いクッションがあります。 根の先からこの歯根膜に炎症が伝わると咬合時に痛みが出ます。普通に噛んでも強い痛みがある時には、 歯医者で治療している歯の噛み合わせを調整してもらいます。噛む時に刺激がなくなれば楽になります。 痛みが強ければ痛み止めを服用します。また、治療中の歯は安静にしておく必要があるため、 噛まないように注意してください。